レンタルポケットwifiメリット&デメリット

レンタルポケットwifiについて把握しておくべきこと

レンタルポケットwifiでLTEを選ぶメリット

レンタルポケットwifiでLTEを選ぶメリット ポケットwifiには大きく分けて2種類存在します。
通信種類のことを言いますが、WiMAXの速度は最高440Mbpsと速く動画を見たりするにも問題なくスムーズに見ることが出来ます。
一方、ポケットWiFiによって異なりますが、速さは主流のもので621Mbpsで速く更に安定しています。
選ぶメリットですが、それは速さと繋がりやすさです。
良い周波数帯域を使っているというのが大きな要因になります。
周波数が低いと電波が遠くまで届き、障害物を回りこむため安定した通信が供給出来ます。
逆に周波数が高いと電波は短く直線に進むので障害物の奥に電波は届きにくくなります。
LTEは周波数が低いので、どこにいても安定した通信が可能という点です。
ポケットwifiを利用するにあたり、どちらにもそれぞれのメリットはありますが、通信速度が速く安定した通信を望まれる方はLTEを選ぶ方が快適なネット環境を得ることができるためオススメです。

LTEを利用したポケットwifiのデメリット

LTEを利用したポケットwifiのデメリット LTEは、ポケットwifiの通信規格の一つですが、それ以外の規格と比べるといくつかのデメリットがあります。
中でも最もデメリットと感じる人が多いのが、通信容量無制のプランにした場合、速度が出ないという点です。
ポケットwifiは利用するサービスによって速度が全く異なりますが、プランや規格によっても異なります。
又、一般的にLTEでは7GBという容量の制限があるのが普通ですので、動画やゲームなどを使ってこの量を超えてしまうことが多いという方にとっても不利な点と言わざるを得ません。
無制限で通信を行うにはオプションに加入する必要があるため、通信量がかさんでしまいがちなのもこのタイプの特徴です。
コストパフォーマンスに優れたポケットwifiを使いたいと考えている方にとっては、通信制限や速度の遅さというのはかなり痛い部分ですので、こうした点をあらかじめ知っておきながら自分に必要なサービスを提供しているプロバイダーと契約する必要があります。

Copyright © 2018 レンタルポケットwifiメリット&デメリット all rights reserved.